toggle
経営視点で労務の課題を解決すべく 社会保険労務士・中小企業診断士として活動しています。
2020-02-13

令和元年度補正「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」の要件について

2020年 1月 20日 、中小機構は令和元年度補正予算「中小企業生産性革命推進事業」に係る補助事業(ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金)の各事務局の公募を開始しました。

事務局募集の公募要領には各補助金の補助要件等が記載されています。そのうち、「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」の予定される要件等について記述します。

1.補助対象事業

 中小企業・小規模事者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が生産性の向上に資するITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入するための事業費等の経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者等の生産性向上を図る。

 

2.補助対象者

(1)A類型

① 申請要件

中小企業・小規模事業者等を基本とし、以下の要件のいずれも満たす者。なお、5.及び6.に記載するIT導入支援事業者は補助対象者には該当しません。

一 本事業を実施する事業者の労働生産性について、1年後の伸び率が3%以上、3年後の伸び率が9%以上及びこれらと同等以上の生産性向上を目標とした事業であること。

(労働生産性とは、以下の計算式で算出されるものをいう。)

付加価値額/(従業員数×1人当たり勤務時間(年平均))

(付加価値額とは、以下の計算式で算出される粗利益をいう。)

付加価値額(粗利益)=売上-原価

二 事務局があらかじめ認定した「IT導入支援事業者」が登録するITツール(ソフトウェア、サービス等)等を導入する事業であること。

三 申請締め切り日前12ヶ月以内に同一事業(令和元年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業)の採択決定及び交付決定を受けた事業者ではないこと。

 

② 加点要件

一 3年間、給与支給総額を年率平均1.5%以上増加させる計画を有し、従業員に表明していること。

(被用者保険の適用拡大の対象となる中小企業・小規模事業者等が制度改革に先立ち任意適用に取り組む場合は、年率平均1%以上増加させる計画)

二 3年間、事業場内最低賃金(事業場内で最も低い賃金)を地域別最低賃金+30円以上の水準とする計画を有し、従業員に表明していること。

※加点要件は追加の可能性あり。

 

③ 減点要件

申請時点において、過去3年間に、類似の補助金(平成28年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業、平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業、平成30年度2次補正サービス等生産性向上IT導入支援事業、令和元年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業)の補助金の交付を受けた事業者は、審査上の減点措置を講じる。

 

(2)B類型

① 申請要件

中小企業・小規模事業者等を基本とし、以下の要件のいずれも満たす者。なお、5.及び6.に記載するIT導入支援事業者は補助対象者には該当しません。

一 本事業を実施する事業者の労働生産性について、1年後の伸び率が3%以上、3年後の伸び率が9%以上及びこれらと同等以上の生産性向上を目標とした事業であること。

(労働生産性とは、以下の計算式で算出されるものをいう。)

付加価値額/(従業員数×1人当たり勤務時間(年平均))

(付加価値額とは、以下の計算式で算出される粗利益をいう。)

付加価値額(粗利益)=売上-原価

二 事務局があらかじめ認定した「IT導入支援事業者」が登録するITツール(ソフトウェア、サービス等)等を導入する事業であること。

三 申請締め切り日前12ヶ月以内に同一事業(令和元年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業)の採択決定及び交付決定を受けた事業者ではないこと。

四 3年間、給与支給総額を年率平均1.5%以上増加させる計画を有し、従業員に表明していること。

(被用者保険の適用拡大の対象となる中小企業・小規模事業者等が制度改革に先立ち任意適用に取り組む場合は、年率平均1%以上増加させる計画)

五 3年間、事業場内最低賃金(事業場内で最も低い賃金)を地域別最低賃金+30円以上の水準とする計画を有し、従業員に表明していること。

六 上記四及び五については、小規模事業者及び取引価格が公的に定められている取引が太宗を占めると想定される事業者(保険医療機関、保険薬局、介護サービス事業者、社会福祉法人、更生保護法人、学校等)は除く。

 

② 加点要件(小規模事業者及び取引価格が公的に定められている取引が太宗を占めると想定される事業者が対象)

一 3年間、給与支給総額を年率平均1.5%以上増加させる計画を有し、従業員に表明していること。

(被用者保険の適用拡大の対象となる中小企業・小規模事業者等が制度改革に先立ち任意適用に取り組む場合は、年率平均1%以上増加させる計画)

二 3年間、事業場内最低賃金(事業場内で最も低い賃金)を地域別最低賃金+30円以上の水準とする計画を有し、従業員に表明していること。

※加点要件は追加の可能性あり。

 

③ 減点要件

申請時点において、過去3年間に、類似の補助金(平成28年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業、平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業、平成30年度2次補正サービス等生産性向上IT導入支援事業、令和元年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業)の補助金の交付を受けた事業者は、審査上の減点措置を講じる。

 

(3)申請要件の実効性担保

〇申請時点で、申請要件を満たす賃金引上げ計画を従業員に表明することが必要。交付後に表明していないことが発覚した場合は、補助金返還を求める。

〇3年間の計画の終了時点において、給与支給総額の年率平均1.5%以上増加目標が達成できていない場合に、交付決定の一部取消によって、導入した設備等の簿価又は時価のいずれか低い方の額のうち補助金額に対応する分(残存簿価等×補助金額/実際の購入金額)の返還を求める。

〇ただし、付加価値額が目標通りに伸びなかった場合に給与支給総額の目標達成を求めることは困難なことから、給与支給総額の年率増加率平均が「付加価値額の年率増加率平均/2」を越えている場合や、天災など事業者の責めに負わない理由がある場合は、上記の補助金一部返還を求めない。

〇また、給与支給総額を用いることが適切ではないと解される特別な事情がある場合には、給与支給総額増加率に代えて、一人当たり賃金の増加率を用いることを認める。

〇3年間の計画中の毎補助事業年度終了時点において、事業場内最低賃金の増加目標が達成できていない場合に、交付決定の一部取消によって、補助金額を事業計画年数で除した額の返還を求める。

〇ただし、付加価値額増加率が年率平均1.5%に達しない場合や、天災など事業者の責めに負わない理由がある場合は、上記の補助金一部返還を求めない。

〇なお、財産処分等も含め、補助金の返還額の合計は補助金交付額を上限とする。

 

 

3.補助率等

対象経費の区分

補助上限額

(補助下限額)

補助率

1.A類型

ソフトウェア、クラウド利用費、専門家経費等

150万円

(30万円)

2分の1

2.B類型

ソフトウェア、クラウド利用費、専門家経費等

450万円

(150万円)

2分の1

 

 

4.補助予定件数

約3万件(ただし、1件当たりの補助申請額によっては、予定件数は増減する場合がある。)

※平成30年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金(実績)

申請数 25,669件、採択数 7,386件

 

5.募集方法と申請受付期間

6.に記載するIT導入支援事業者が提供するITツール(ソフトウェア、サービス等。以下同じ。)等の選定を含め、できるだけ早期に公募を行うものとし、その後、常時、中小企業・小規模事業者等からの交付申請を受け付けることとする。なお、原則として、申請やその後の実績報告等は電子申請で行うものとする。

また、本事業については複数回で平均して4ヶ月ごと程度に1回ずつ採択発表を予定するものとする。具体的な公募時期、採択時期及び回数、各採択における採択規模、補助事業期間等は、中小機構と協議の上決定すること。

 

6.IT導入支援事業者及びITツールの選定等

〇事業実施に当たって、事務局は「IT導入支援事業者」及びIT導入支援事業者が提供するITツールを選定するものとする。また、選定されたIT導入支援事業者及びITツールに係る情報については、事務局が開設するホームページ等に掲載し、補助事業対象者が認知することが可能な環境を構築する。ホームページ等への情報の掲載内容等については、デザインや機能等を工夫し、利便性を最大限追求すること。

〇IT導入支援事業者とは、①補助事業対象者にITツールを提供するIT事業者等を取りまとめるとともに、②補助事業対象者が行う補助金交付申請、実績報告及びその他必要に応じて事務局に行う申請、報告業務の代行・支援等を行う者として、事務局へ登録及び認定を受けた者のことをいう。

〇IT導入支援事業者は、提供するITツールに関して、当該ツールの内容等の情報を事務局へ登録し、認定を受けることで、補助事業対象者に対して、当該ツールの提供を行うことが出来るものとする。

〇IT導入支援事業者は、補助事業対象者に対して、提供するITツールに係る支援(使用方法等のレクチャー、相談・苦情対応等)を実施する。また、中小機構と協議の上、中小機構が必要と認める期間及び指定する時期において、補助事業対象者から生産性向上等に係る情報(売上高、利益率等)を収集し、事務局に報告する。事務局は、IT導入支援事業者から受けた報告内容を中小機構に報告する。あわせて、中小機構の指示により、補助事業者やIT導入支援事業者に対して、アンケートを実施し、補助事業の進捗や実績等の情報を収集することとする。なお、中小機構から当該情報の開示を求めた際には、迅速に共有する等協力するものとする。

以上となります。経理ソフト、人事労務管理ソフトなどバックオフィスのITツール導入の際に活用を検討してみてください。導入相談にも対応させていただきますので、お問い合わせください。

執行役社員 島田圭輔

 

 

 

助成金解説本を無料プレゼント


解説本社会保険労務士法人あいからお知らせ

社会保険労務士法人あいでは雇用関係助成金を解説した本(小冊子)を無料提供しております。
助成金は国から貰える返済も不要のお金です。
オススメな助成金が出ています。助成金を受け取ることが出来る機会です。
雇用保険二事業の助成金をテーマごとに調査・編集。分かりやすく解説しています。
「解説本請求」ボタンからご請求ください。

解説本を請求

関連記事