toggle
【営業エリア】徳島を中心に全国対応/人事労務の課題を企業と共に解決すべく専門家(社会保険労務士)として活動しています。
2022-06-20

「令和4年版男女共同参画白書」を閣議決定・公表。さまざまな政策や制度が「昭和時代のまま」と指摘。

政府は、2022年6月14日、「令和4年版男女共同参画白書」を閣議決定・公表しました。
同白書では、コロナ下において、我が国における男女共同参画が進んでいなかったことが改めて顕在化。問題の背景には、家族の姿が変化しているにもかかわらず、男女間の賃金格差や働き方等の慣行、人々の意識、さまざまな政策や制度等が、依然として戦後の高度成長期、昭和時代のままとなっていることが指摘されているとして、今後、男女共同参画を進めるにあたっては、このことを念頭において、誰ひとり取り残さない社会の 実現を目指すとともに、幅広い分野で制度・政策を点検し、見直していく必要があるとまとめらています。
詳しくは男女共同参画白書で見られます。

関連記事